認知症サポーター

IMG_0017
こんにちは!施術者の遠藤です

先日、世田谷区主催の「認知症講演会」に出席しました。

こちらの講演会は「認知症サポーター養成講座」を兼ねているので、
出席すればどなたでも「認知症サポーター」になることができます!

「そもそも、まず認知症サポーターとは何だろう?」
一言でいうと、認知症の方やそのご家族の「応援者」です。

厚生労働省が推奨する「認知症サポーター養成講座」を受講した人なら誰でもなることができます。
しかも講座費用は無料!現在のサポーター数は、日本に約623万人いるようです。

「じゃあ認知症サポーターになったら何をすればいいの?」

認知症サポーターになったからといって、何か特別なことをする必要はありません。
認知症について正しく理解し、偏見をもたないことで、
認知症の方やご家族に対して温かい目で見守ることが何よりのミッションです。

具体的に行動するとしたら、
例えば近所で、認知症と思われる方が道に迷っていたり、立ちすくんでいる人がいたら、
「何かお手伝いできることはありますか?」「どうされましたか?」と一声かけてみます。

具体的な支援はできなくても、歩み寄ることで「あなたの味方です」というスタンスを示すことで、
ご本人やご家族の方々に安心していただくことができます。

この講座は、都道府県や市区町村が主催することが多いので、
ぜひ一度、「お住いの市区町村 認知症サポーター養成講座」で調べてみてはいかかでしょうか。

IMG_0034
※なお、認知症サポーターになると、「認知症の人を応援します」という
 意志を示す目印として、オレンジリングが渡されます。
 もし身に着けている方が見たら、
 「あ、この人は認知症の方のお手伝いができるんだな」思っていただくとよいかと思います(^^)



お問い合わせはこちら